Windows10で起動時のロック画面を非表示にする方法 パソコン起動時のロック画面を表示させずにパスワード入力画面を表示させたい場合は、設定の変更が必要です。


通常、パソコン起動時の ロック画面が表示された後にパスワード入力画面を表示されますが、設定を変更することですぐにパスワード入力画面を表示させることができます。設定を変更するためには、レジストリ値の変更が必要です。これにより、Windows起動時の ロック画面を出さずに、パスワード入力画面を表示させることができます。


デスクトップ画面左下の ボタンを右クリックします。

Windows10のエディションが「Pro」以上の場合は、グループポリシーエディタで設定を変更することもできます。
エディションを確認する

表示されたメニューの中から[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。

スタート右クリックメニュー

[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。


「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

ユーザーアカウント制御

[はい]をクリックします。


下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

reg add HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Personalization /v NoLockScreen /t REG_DWORD /d 1 /f

ロック画面無効化コマンド

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


開いている画面をすべて閉じて、パソコンを再起動またはサインアウトします。
以上で操作完了です。

Windows10 Pro以上の場合は、グループポリシーエディタ(gpedit.msc)を起動し、[コンピューターの構成]→[管理用テンプレート]→[コントロールパネル]→[個人用設定]→[ロック画面を表示しない]を[有効]の切り替えてください。

  • Q:スリープ復帰時にロック画面が表示されます。
    スリープ復帰時に表示されるロック画面も無効にするにはどうしたらいいですか。
  • A:次の手順で設定を変更してください。
    スリープ復帰時に表示されるロック画面も無効にしたい場合は、[スタート]→[設定]→[アカウント]→[サインインオプション]で、「サインインを求める」の項目を[ロックしない]に変更してください。

  • Q:グループポリシーエディタを起動したい。
    グループポリシーエディタを起動するにはどうしたらいいですか。
  • A:次の手順で起動してください。
    キーボードのWindowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を起動させ、名前の枠の中に「gpedit.msc」と入力し、[OK]ボタンをクリックします。グループポリシーエディタは、Windows10 Pro以上で実行ができます。






あなたへのおすすめガジェット
横へスクロール >>

目次