Windows10のライセンス認証を行う Windows10のライセンス認証の方法とライセンス認証ができないときのトラブルシューティングです。



Windows10を正規に利用するためには、ライセンス認証 が必要です。ライセンス認証を行うためにはプロダクトキーが必要です。用意したプロダクトキーを使ってインターネットまたは電話でライセンス認証を行います。

メーカー製のWindows10インストールモデルでは、出荷時点でライセンス認証がされている場合があります。


STEP1Windows10 のプロダクトキーを確認する

Windows10のライセンス認証に必要な プロダクトキー を確認します。プロダクトキーは、Windows10のインストールメディア または Windows10 PC本体に貼付されています。

Windows10のプロダクトキー貼付箇所を確認します。

確認したプロダクトキーを控えます。プロダクトキーが記載箇所の詳細 および プロダクトキーの記載がされていない場合は、Windows10のプロダクトキーを確認する を参照してください。

関連Q&A Windows10のプロダクトキーを確認する

プロダクトキーはCOAラベルに記載されています。

Windows10 COAラベル

ライセンス認証済みのメーカー製PCにはCOAラベル(プロダクトキー)の記載はありません。

STEP2Windows10 のライセンス認証を行う

確認したプロダクトキーを使って Windows10ライセンス認証を行います。ライセンス認証は インターネット経由 または 電話 で行います。ここではインターネット経由のライセンス認証の方法を説明します。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が開いたら、画面下部に表示されている Windowsがライセンス認証がされていません。今すぐWindowsをライセンス認証してください。 と書かれたテキストをクリックします。

今すぐWindowsをライセンス認証してくださいをクリック

[Windowsがライセンス認証がされていません]をクリックします。

設定画面にある 更新とセキュリティライセンス認証 から画面を開くこともできます。


ライセンス認証が完了している場合、Windowsがライセンス認証がされていません。今すぐWindowsをライセンス認証してください。 のテキストは表示されません。

ライセンス認証 画面に切り替わったら、画面下にある プロダクトキーの変更 をクリックします。

プロダクトキーの変更をクリック

[プロダクトキーの変更]をクリックします。

プロダクトキーの入力 画面が表示されたら、STEP1:Windows10 のプロダクトキーを確認する で確認した プロダクトキー を入力します。

プロダクトキーを入力します

プロダクトキーを入力します。

プロダクトキーを入力したら、画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

Windowsのライセンス認証 画面に切り替わったら、画面右下にある[ライセンス認証]ボタンをクリックします。

ライセンス認証をクリック

[ライセンス認証]ボタンをクリックします。

以上で ライセンス認証 が完了しました。

ライセンス認証ができない場合は、Windows のライセンス認証を行うことができません とエラーメッセージが表示されます。


ライセンス認証に失敗する場合は、STEP3:Windows10 ライセンス認証ができないときのトラブルシューティング を参照してください。

STEP3Windows10 ライセンス認証ができないときのトラブルシューティング

Windows10のライセンス認証が正しく完了しなかった場合は、トラブルシューティングツールを実行して、ライセンス認証を完了させてください。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が開いたら、画面下部に表示されている Windowsがライセンス認証がされていません。今すぐWindowsをライセンス認証してください。 と書かれたテキストをクリックします。

今すぐWindowsをライセンス認証してくださいをクリック

[Windowsがライセンス認証がされていません]をクリックします。

Windowsライセンス認証の トラブルシューティング を実行するためには、Microsoftのライセンス認証窓口(自動応答)へ電話する必要があります。


ライセンス認証窓口は機械による音声自動応答です。

ライセンス認証 画面に切り替わったら、サブメニューWindowsを今すぐライセンス認証する 内にある トラブルシューティング をクリックします。

トラブルシューティングをクリック

[トラブルシューティング]をクリックします。

ディスク初期化後にインストールメディアを使ってWindows10を再インストールしたり、PCのハードウェア構成が大きく変更された場合は、エラーコード:0xC004C008と表示され、ライセンス認証が完了しない場合があります。


エラーコードが表示される場合は、トラブルシューティングツールを実行してWindowsライセンス認証を完了させてください。

国または地域を選んでくださいと画面が表示されたら、プルダウンメニューから 日本 を選択します。

日本を選択

[日本]を選択します。

日本 を選択したら、画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

電話でインストールIDをお知らせくださいと表示されたら、画面に表示されたライセンス認証窓口の電話番号へコールして、自動ガイダンスに従って、インストールID電話で入力(プッシュ)します。

電話でインストールIDを入力

ライセンス認証窓口のガイダンスに従ってインストールIDを入力します。

インストールID の入力が終わったら、画面右下にある[確認IDを入力]ボタンをクリックします。

確認IDを入力をクリック

[確認IDを入力]ボタンをクリックします。

電話の自動ガイダンスからアナウンスされる確認IDをA〜H欄のそれぞれの枠に入力します。

確認IDをクリック

確認IDを入力します。

確認IDを入力したら、画面右下にある[Windowsのライセンス認証]ボタンをクリックします。

Windowsのライセンス認証をクリック

[Windowsのライセンス認証]ボタンをクリックします。

手続きが完了しました。と表示されたら、ライセンス認証完了です。[閉じる]ボタンで画面を閉じてください。

ライセンス認証が完了しました

[閉じる]ボタンで画面を閉じます。

Windowsライセンス認証が完了できなかった場合は、電話のガイダンスにしたがっって、Microsoft社の追加サポートを受けてください。