Windows Live メールのアドレス帳をインポートする Windows7やWindows8のWindows Liveメールで利用していたアドレス帳をWindows10のメールで利用するには、Outlook.comのサービスを利用してアドレス帳のインポートを行う必要があります。


STEP3Outlook.comでアドレス帳をインポートする

Outlook.comのサービスを利用するには、Microsoftアカウントが必要です。


Windows10のパソコンで下記のリンクをクリックし、Outlook.comの連絡先ページを開きます。

Outlook.com(マイクロソフト社)

サインインを求められた場合は、利用しているMicrosoftアカウントでサインインしてください。


Outlook.comの連絡先ページが開いたらページ右上にある 管理アイコン アイコンをクリックします。

Outlook.com連絡先で管理アイコンをクリック

管理アイコンをクリックします。


表示されたメニューの中から、[連絡先をインポート]をクリックします。

連絡先管理メニュー

[連絡先をインポート]をクリックします。


「連絡先をインポート」画面が表示されたら、画面右上にある[参照]ボタンをクリックします。

連絡先のインポート

[参照]をクリックします。


ファイルの選択画面が表示されたらSTEP1でWindows Liveメールからエクスポートしたアドレス帳のファイルを選択します。

CSVファイルを選択

CSVファイルを選択します。


CSVファイルを選択したら、画面右下にある[開く]ボタンをクリックします。

開くボタンをクリックします

[開く]ボタンをクリックします。


「連絡先をインポート」画面に戻ったら、画面下にある[インポート]ボタンをクリックします。

連絡先CSVをインポート

[インポート]をクリックします。

インポート内容の確認画面が表示されたら、インポートするCSVファイルに文字化けがないことを確認して[OK、続行します]ボタンをクリックします。

エンコードの確認画面

[OK、続行します]ボタンをクリックします。

文字化けしている場合はSTEP2:CSVファイルの文字コードをUTF-8に変換するの作業をやり直してください。


「終了しました」とメッセージが表示されたらインポート完了です。[閉じる]ボタンをクリックして画面を閉じてください。

連絡先をインポート画面

[閉じる]ボタンをクリックします。

インポートされたアドレス帳はPeopleに同期(インポート)されます。同期が完了するまでに1時間程度掛かることもあります。

・Windows Liveメール以外のメールソフトからアドレス帳をインポートする場合も同様の手順です。ご利用のメールソフトでアドレス帳をCSV形式でインポートしたあとにSTEP2:CSVファイルの文字コードをUTF-8に変換するの作業を行いインポートしてください。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次