閲覧履歴を削除する|Microsoft Edgeのヘルプ Microsoft Edgeのホームページ閲覧履歴やキャッシュ(一時ファイル)、Cookieなどを削除します。


Microsoft Edgeのホームページ閲覧履歴や一時ファイル、Cookieなどのファイルを削除します。

ホームページの表示に問題が発生した場合の対処策として、またはキャッシュにより圧迫されたPC内臓ドライブの空き容量を増やしたい場合にキャッシュファイル(一時ファイル)を削除できます。

関連Q&A履歴やCookie、一時ファイルを削除する(Microsoft Edge 旧バージョン)


Microsoft Edgeを起動し、画面右上にある Microsoft Edgeのその他設定アイコン アイコンをクリックします。


表示されたメニューの中から[履歴]をクリックします。

Microsfot Edgeのその他設定メニュー

[履歴]をクリックします。


「履歴データをクリア」画面が表示されたら、「時間の範囲」のプルダウンメニューをクリックします。

Microsoft Edgeの履歴データクリア

プルダウンメニューをクリックします。


表示されたメニューの中から、削除したい履歴の範囲を選択します。

Microsoft Edgeの時間の範囲メニュー

削除したい履歴の範囲を選択します。

すべての履歴を削除したい場合は、[すべての期間]を選択してください。

削除したい項目にチェックをつけます。

Microsoft Edge閲覧データをクリア画面

削除したい項目にチェックをつけます。


削除したいデータを選択したら、画面下部にある[今すぐクリア]ボタンをクリックします。

Microsoft Edgeの時間の範囲メニュー

[今すぐクリア]をクリックします。

各項目の内容は以下の通りです。

項目 説明
閲覧の履歴 閲覧したページアドレスとアクセスした日時を削除します。
ダウンロードの履歴 ダウンロードしたファイルの一覧(履歴)を削除します。
Cookieおよびその他のサイトデータ サインイン情報などのユーザ情報を削除します。
キャッシュされた画像とファイル ページや画像などの閲覧したページのファイルを削除します。
パスワード 保存したページのパスワードを削除します。
オートフィル フォーム データ ページに入力したテキスト(メール、住所など)を削除します。
サイトのアクセス許可 ページ閲覧時に許可した位置情報やポップアップの許可などの情報を削除します。
ホストされたアプリのデータ Webアプリによって保存された情報を削除します。
以前のバージョンのMicrosoft Edgeのすべてのデータ: 旧バージョンのEdgeの履歴データなどを削除します。

広告スペース




新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット