Microsoft Edgeのトップページが書き換えられ操作できません|Microsoft Edgeのヘルプ Microsoft Edgeを起動するとトップページが書き換えられ、アダルトサイトや架空請求のページが表示される場合の対処方法です。


アダルトサイトや架空請求のページを開いた際に表示されたメッセージをクリックすると、Microsoft Edgeのトップページが書き換えられることがあります。書き換えられてしまうと、Microsoft Edgeを起動しただけで、毎回不正なページが表示され、操作ができなくなります。

そのような場合は、Internet Explorerを使ってEdgeを起動させ、トップページを修正してください


デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。


アプリの一覧の中から[Windowsアクセサリ]→[Internet Explorer]をクリックします。

Windowsアクセサリ

[Internet Explorer]をクリックします。


Internet Explorerが起動したら、画面上のアドレスバーに下記のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

microsoft-edge:a

IEアドレスバー

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


「このWebサイトから、このコンピュータのアプリを開けるようにしますか?」とメッセージが表示されたら[許可]をクリックします。

確認画面

[許可]をクリックします。


ブランク(空白)ページでEdgeが起動したら、Edge画面右上にあるその他アイコン をクリックします。

Microsoft Edge画面

[その他]アイコンをクリックします。


表示されたメニューの中から[設定]をクリックします。

Microsoft Edgeメニュー

[設定]をクリックします。


「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」のプルダウンメニューをクリックします。

Microsoft Edge設定メニュー

プルダウンメニューをクリックします。


表示されたメニューの中から[スタートページ]をクリックします。

Microsoft Edgeトップページメニュー

[スタートページ]をクリックします。


画面右上の閉じるボタンでEdgeを終了します。以上で、操作完了です。Edgeが正常に起動してトップページが表示されることを確認してください。

Microsoft Edgeのトップページを、Yahoo!やGoogleなど任意のページに指定したい場合は、上記手順⑧で「特定のページ」を選択してアドレスを入力後、保存してください。


広告スペース




新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット