Question

Question

以前のバージョンのOS保存期間を変更する方法

アップデートしたWindows10で「Windowsの以前のバージョン」のデータ保存期間を10日間から変更するにはどうしたらいいですか。


WindowsUpdate April 2018 Update 最終更新日:2018/6/18
Question

Question

Dismコマンドを使って保存期間を変更できます

Windows10ではアップデート時に以前のバージョンに戻すためのデータが保存されます。このデータの保存期間は10日間ですが、Dismコマンドを使って保存期間を変更することができます。

デスクトップ画面左下の ボタンを右クリックします。

表示されたメニューの中から[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。


スタート右クリックメニュー Windows PowerShellをクリック

「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。


ユーザーアカウント制御 はいをクリック

PowerShellが起動したら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

(例)以前のバージョンのOSデータを30日間保存したい場合:

DISM /Online /Set-OSUninstallWindow /Value:30


コマンドプロンプト画面 コマンドを入力

重要

コマンド末尾の数字がデータの保存期間です。

ヒント

[コマンドをコピー]ボタンをクリックすると、コマンドが自動でコピーされます。
コピーしたコマンドは、PowerShellのウインドウ内で右クリックすると貼り付けされます。

以上で操作完了です。


以前のバージョンのデータ保存期間の残り日数は、下記のコマンドで確認することができます。(コマンド実行後に表示される「Uninstall Window」の右横の数字が残り日数です)

PowerShellが起動したら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

DISM /Online /Get-OSUninstallWindow


コマンドプロンプト画面 コマンドを入力