Windowsスポットライトの画像が変わらない Windows10の画面をロックしたときに表示されるWindowsスポットライトの画像が切り替わらない場合の対処方法です。スポットライト画像が切り替わらない婆は、Settings.datとRoaming.lockファイルが破損している可能性があります。PowerShellを使ってファイルを書き換えを行ってください。



WindowsスポットライトはWindowsのロック画面の背景画像をインターネット経由でダウンロードし、表示することができるWindows10標準機能のひとつです。Windowsスポットライトの機能を有効にするとロック画面の背景画像は不定期に更新されますが、不具合が発生すると画像が切り替わらない(毎回同じ画像が表示される)ことがあります。ロック画面が切り替わらなくなった場合は、次の手順でトラブルシューティングを実行してください。


STEP1バックグラウンドアプリを有効にする

Windowsスポットライトはバックグラウンドで画像のダウンロードを行っています。バックグラウンドアプリの処理が許可されているか確認してください。


デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。


表示されたメニューの中から設定アイコンをクリックします。


設定画面が表示されたら、プライバシーをクリックします。

Windowsの設定画面でプライバシーをクリック

[プライバシー]をクリックします。

バックグラウンドアプリとは?
PC画面の裏側(バックグラウンド)で処理や更新、インターネットからのダウンロードなどの動作をおこなうアプリのことを指します。Windows10ではバックグラウンドで処理することができるアプリを個別で許可・停止することができます。


設定を開く:スタートボタン + I


プライバシー画面に切り替わったら、画面左側のメニューの中からバックグラウンドアプリをクリックします。

プライバシー画面でバックグラウンドアプリを選択

[バックグラウンドアプリ]をクリックします。

バックグラウウドアプリはメニュー内の下の方にあります。表示がされていない場合はメニューを下にスクロールしてください。


Windowsスポットライトを有効にする方法

[スタート]ボタンをクリックします。
[設定]をクリックします。
[個人用設定]をクリックします。
[ロック画面]をクリックします。
背景のプルダウンメニューから[Windowsスポットライト]を選択します。


バックグラウンドアプリの画面が表示されたらサブメニューバックグラウンドアプリの中にあるアプリのバックグラウンド実行を許可するのトグルボタンを[オン]にします。

バックグラウンド実行をオンにします

[アプリのバックグラウンド実行を許可する]をオンにします。

アプリのバックグラウンド実行を許可するの設定はデフォルトでオンに設定されています。既にオンになっている場合は、次のステップに進んでください。


画面をロックする:
スタートボタン + L

  • 解決しないときは?

    STEP2:Settings.datとRoaming.lockを削除する

    アプリのバックグラウンド実行を有効にしたら、Windowsスポットライトの画像が更新されるか確認してください。
    ・Windowsスポットライトの画像を更新するにはインターネットに接続されている必要があります。
    ・Windowsスポットライトの画像が更新されるまでに時間がかかる場合があります。

STEP2Settings.datとRoaming.lockを削除する

Windows PowerShellを使ってSettings.datRoaming.lockを削除します。


デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中からWindows PowerShellをクリックします。

Windows PowerShellをクリック

[Windows PowerShell]をクリックします。

Windows PowerShell(管理者)では無い方を選択してください。


Windows PowerShellとは?とは?
Windows PowerShell(ウインドウズ パワーシェル)はWindows10に標準でインストールされているコマンドラインベースのシェルおよびスクリプト言語です。コマンドを入力することでWindowsのシステムにアクセスしてさまざまな処理を行うことができます。


Windows Powershellの画面が表示されたら、下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

cmd

PowerShell画面でコマンドを実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


続けて下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings\roaming.lock roaming.lock.bak

PowerShell画面でコマンド2を実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした」とメッセージ表示される場合は、コマンド末尾の.bak」.bak1などに書き換えてから実行してください。


続けて下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings\settings.dat settings.dat.bak

PowerShell画面でコマンド3を実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力をやり直してください。

  • 解決しないときは?

    STEP3:Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復する

    コマンドの実行が完了したら画面を閉じてWindowsスポットライトの画像に変化があるか確認してください。変化が見られない場合はSTEP3:Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復するに進んでください。

STEP3Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復する


デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中からWindows PowerShellをクリックします。

Windows PowerShellをクリック

[Windows PowerShell]をクリックします。

Windows PowerShell(管理者)選択してください。


STEP2の操作から続けて作業するときはWindows PowerShellの画面を開き直してから実行してください。


ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御画面ではいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。


Windows Powershell(管理者)の画面が表示されたら下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

Get-AppxPackage -allusers *ContentDeliveryManager* | foreach {Add-AppxPackage “$($_.InstallLocation)\appxmanifest.xml” -DisableDevelopmentMode -register }

PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

コマンドをコピーしてWindows PowerShellの画面に貼り付けるとダブルコーテーション(”)全角のダブルコーテーション(”)に書き換わってしまう場合があります。必ず半角のダブルコーテーション(”)に書き換えてから実行してください。


ダブルコーテーションはコマンド内に2か所(① $の前と②.xmlの後ろ)あります。


ダブルコーテーションのままコマンドを実行すると位置指定パラメーターが見つかりませんエラーとなります。


以上で操作は完了です。ロック画面でWindowsスポットライト画像が書き換わることを確認してください。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

Windowsスポットライトの画像が変わらない Windows10の画面をロックしたときに表示されるWindowsスポットライトの画像が切り替わらない場合の対処方法です。スポットライト画像が切り替わらない婆は、Settings.datとRoaming.lockファイルが破損している可能性があります。PowerShellを使ってファイルを書き換えを行ってください。



WindowsスポットライトはWindowsのロック画面の背景画像をインターネット経由でダウンロードし、表示することができるWindows10標準機能のひとつです。Windowsスポットライトの機能を有効にするとロック画面の背景画像は不定期に更新されますが、不具合が発生すると画像が切り替わらない(毎回同じ画像が表示される)ことがあります。ロック画面が切り替わらなくなった場合は、次の手順でトラブルシューティングを実行してください。


STEP1バックグラウンドアプリを有効にする

Windowsスポットライトはバックグラウンドで画像のダウンロードを行っています。バックグラウンドアプリの処理が許可されているか確認してください。


デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。


表示されたメニューの中から設定アイコンをクリックします。


設定画面が表示されたら、プライバシーをクリックします。

Windowsの設定画面でプライバシーをクリック

[プライバシー]をクリックします。

バックグラウンドアプリとは?
PC画面の裏側(バックグラウンド)で処理や更新、インターネットからのダウンロードなどの動作をおこなうアプリのことを指します。Windows10ではバックグラウンドで処理することができるアプリを個別で許可・停止することができます。


設定を開く:スタートボタン + I


プライバシー画面に切り替わったら、画面左側のメニューの中からバックグラウンドアプリをクリックします。

プライバシー画面でバックグラウンドアプリを選択

[バックグラウンドアプリ]をクリックします。

バックグラウウドアプリはメニュー内の下の方にあります。表示がされていない場合はメニューを下にスクロールしてください。


Windowsスポットライトを有効にする方法

[スタート]ボタンをクリックします。
[設定]をクリックします。
[個人用設定]をクリックします。
[ロック画面]をクリックします。
背景のプルダウンメニューから[Windowsスポットライト]を選択します。


バックグラウンドアプリの画面が表示されたらサブメニューバックグラウンドアプリの中にあるアプリのバックグラウンド実行を許可するのトグルボタンを[オン]にします。

バックグラウンド実行をオンにします

[アプリのバックグラウンド実行を許可する]をオンにします。

アプリのバックグラウンド実行を許可するの設定はデフォルトでオンに設定されています。既にオンになっている場合は、次のステップに進んでください。


画面をロックする:
スタートボタン + L

  • 解決しないときは?

    STEP2:Settings.datとRoaming.lockを削除する

    アプリのバックグラウンド実行を有効にしたら、Windowsスポットライトの画像が更新されるか確認してください。
    ・Windowsスポットライトの画像を更新するにはインターネットに接続されている必要があります。
    ・Windowsスポットライトの画像が更新されるまでに時間がかかる場合があります。

STEP2Settings.datとRoaming.lockを削除する

Windows PowerShellを使ってSettings.datRoaming.lockを削除します。


デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中からWindows PowerShellをクリックします。

Windows PowerShellをクリック

[Windows PowerShell]をクリックします。

Windows PowerShell(管理者)では無い方を選択してください。


Windows PowerShellとは?とは?
Windows PowerShell(ウインドウズ パワーシェル)はWindows10に標準でインストールされているコマンドラインベースのシェルおよびスクリプト言語です。コマンドを入力することでWindowsのシステムにアクセスしてさまざまな処理を行うことができます。


Windows Powershellの画面が表示されたら、下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

cmd

PowerShell画面でコマンドを実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


続けて下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings\roaming.lock roaming.lock.bak

PowerShell画面でコマンド2を実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした」とメッセージ表示される場合は、コマンド末尾の.bak」.bak1などに書き換えてから実行してください。


続けて下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings\settings.dat settings.dat.bak

PowerShell画面でコマンド3を実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力をやり直してください。

  • 解決しないときは?

    STEP3:Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復する

    コマンドの実行が完了したら画面を閉じてWindowsスポットライトの画像に変化があるか確認してください。変化が見られない場合はSTEP3:Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復するに進んでください。

STEP3Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復する


デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中からWindows PowerShellをクリックします。

Windows PowerShellをクリック

[Windows PowerShell]をクリックします。

Windows PowerShell(管理者)選択してください。


STEP2の操作から続けて作業するときはWindows PowerShellの画面を開き直してから実行してください。


ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御画面ではいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。


Windows Powershell(管理者)の画面が表示されたら下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

Get-AppxPackage -allusers *ContentDeliveryManager* | foreach {Add-AppxPackage “$($_.InstallLocation)\appxmanifest.xml” -DisableDevelopmentMode -register }

PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

コマンドをコピーしてWindows PowerShellの画面に貼り付けるとダブルコーテーション(”)全角のダブルコーテーション(”)に書き換わってしまう場合があります。必ず半角のダブルコーテーション(”)に書き換えてから実行してください。


ダブルコーテーションはコマンド内に2か所(① $の前と②.xmlの後ろ)あります。


ダブルコーテーションのままコマンドを実行すると位置指定パラメーターが見つかりませんエラーとなります。


以上で操作は完了です。ロック画面でWindowsスポットライト画像が書き換わることを確認してください。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

Windowsスポットライトの画像が変わらない Windows10の画面をロックしたときに表示されるWindowsスポットライトの画像が切り替わらない場合の対処方法です。スポットライト画像が切り替わらない婆は、Settings.datとRoaming.lockファイルが破損している可能性があります。PowerShellを使ってファイルを書き換えを行ってください。



WindowsスポットライトはWindowsのロック画面の背景画像をインターネット経由でダウンロードし、表示することができるWindows10標準機能のひとつです。Windowsスポットライトの機能を有効にするとロック画面の背景画像は不定期に更新されますが、不具合が発生すると画像が切り替わらない(毎回同じ画像が表示される)ことがあります。ロック画面が切り替わらなくなった場合は、次の手順でトラブルシューティングを実行してください。


STEP1バックグラウンドアプリを有効にする

Windowsスポットライトはバックグラウンドで画像のダウンロードを行っています。バックグラウンドアプリの処理が許可されているか確認してください。


デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。


表示されたメニューの中から設定アイコンをクリックします。


設定画面が表示されたら、プライバシーをクリックします。

Windowsの設定画面でプライバシーをクリック

[プライバシー]をクリックします。

バックグラウンドアプリとは?
PC画面の裏側(バックグラウンド)で処理や更新、インターネットからのダウンロードなどの動作をおこなうアプリのことを指します。Windows10ではバックグラウンドで処理することができるアプリを個別で許可・停止することができます。


設定を開く:スタートボタン + I


プライバシー画面に切り替わったら、画面左側のメニューの中からバックグラウンドアプリをクリックします。

プライバシー画面でバックグラウンドアプリを選択

[バックグラウンドアプリ]をクリックします。

バックグラウウドアプリはメニュー内の下の方にあります。表示がされていない場合はメニューを下にスクロールしてください。


Windowsスポットライトを有効にする方法

[スタート]ボタンをクリックします。
[設定]をクリックします。
[個人用設定]をクリックします。
[ロック画面]をクリックします。
背景のプルダウンメニューから[Windowsスポットライト]を選択します。


バックグラウンドアプリの画面が表示されたらサブメニューバックグラウンドアプリの中にあるアプリのバックグラウンド実行を許可するのトグルボタンを[オン]にします。

バックグラウンド実行をオンにします

[アプリのバックグラウンド実行を許可する]をオンにします。

アプリのバックグラウンド実行を許可するの設定はデフォルトでオンに設定されています。既にオンになっている場合は、次のステップに進んでください。


画面をロックする:
スタートボタン + L

  • 解決しないときは?

    STEP2:Settings.datとRoaming.lockを削除する

    アプリのバックグラウンド実行を有効にしたら、Windowsスポットライトの画像が更新されるか確認してください。
    ・Windowsスポットライトの画像を更新するにはインターネットに接続されている必要があります。
    ・Windowsスポットライトの画像が更新されるまでに時間がかかる場合があります。

STEP2Settings.datとRoaming.lockを削除する

Windows PowerShellを使ってSettings.datRoaming.lockを削除します。


デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中からWindows PowerShellをクリックします。

Windows PowerShellをクリック

[Windows PowerShell]をクリックします。

Windows PowerShell(管理者)では無い方を選択してください。


Windows PowerShellとは?とは?
Windows PowerShell(ウインドウズ パワーシェル)はWindows10に標準でインストールされているコマンドラインベースのシェルおよびスクリプト言語です。コマンドを入力することでWindowsのシステムにアクセスしてさまざまな処理を行うことができます。


Windows Powershellの画面が表示されたら、下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

cmd

PowerShell画面でコマンドを実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


続けて下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings\roaming.lock roaming.lock.bak

PowerShell画面でコマンド2を実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした」とメッセージ表示される場合は、コマンド末尾の.bak」.bak1などに書き換えてから実行してください。


続けて下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings\settings.dat settings.dat.bak

PowerShell画面でコマンド3を実行します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力をやり直してください。

  • 解決しないときは?

    STEP3:Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復する

    コマンドの実行が完了したら画面を閉じてWindowsスポットライトの画像に変化があるか確認してください。変化が見られない場合はSTEP3:Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復するに進んでください。

STEP3Windows PowerShellを使ってContentDeliveryManagerを修復する


デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中からWindows PowerShellをクリックします。

Windows PowerShellをクリック

[Windows PowerShell]をクリックします。

Windows PowerShell(管理者)選択してください。


STEP2の操作から続けて作業するときはWindows PowerShellの画面を開き直してから実行してください。


ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御画面ではいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。


Windows Powershell(管理者)の画面が表示されたら下記のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

Get-AppxPackage -allusers *ContentDeliveryManager* | foreach {Add-AppxPackage “$($_.InstallLocation)\appxmanifest.xml” -DisableDevelopmentMode -register }

PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

コマンドをコピーしてWindows PowerShellの画面に貼り付けるとダブルコーテーション(”)全角のダブルコーテーション(”)に書き換わってしまう場合があります。必ず半角のダブルコーテーション(”)に書き換えてから実行してください。


ダブルコーテーションはコマンド内に2か所(① $の前と②.xmlの後ろ)あります。


ダブルコーテーションのままコマンドを実行すると位置指定パラメーターが見つかりませんエラーとなります。


以上で操作は完了です。ロック画面でWindowsスポットライト画像が書き換わることを確認してください。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次