「mfc120u.dllがないため、プログラムを開始できません」エラー

Windows起動時またはプログラム起動時に「mfc120u.dllがないため、プログラムを開始できません」とエラーが表示されます。

トラブル Anniversary Update Creators Update Fall Creators Update
最終更新日:2017/11/17

質問内容



原因:

プログラムの起動に必要なVisual C++ランタイムファイルが欠落している可能性があります。エラーを解消するためには、Microsoft社のホームページより該当のランタイムファイルをダウンロードする必要があります。

 mfc120u.dllエラー

下記の手順でファイルをダウンロードしてください


① EdgeやIneternet Explorerなどのブラウザーを使って下記のリンクをクリックし、Visual C++再頒布可能パッケージのダウンロードページを開きます。(ここではMicrosoft Edgeを例に紹介します)


Visual Studio 2013 Visual C++ 再頒布可能パッケージ(Microsoft社)


② ページが開いたらページ中央にある[ダウンロード]ボタンをクリックします。(言語は[日本語]を選択してください)

VisualC再頒布ページ ダウンロードをクリック

③ 必要な項目にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

ダウンロード確認 チェックをつけて次へ

④ 画面下部にダウンロードの確認メッセージが表示されたら、[実行]ボタンをクリックします。

ダウンロード確認メッセージ 実行をクリック

⑤ インストール画面が表示されたら、[ライセンス条項および使用条件に同意する]にチェックを入れ、[インストール]ボタンをクリックします。

 VisualCインストール画面 チェックをつけてインストールをクリック

⑥ 「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら[はい]をクリックします。

ユーザーアカウント制御 はいをクリック

⑦ 「セットアップ完了」の画面が表示されたら、[閉じる]ボタンをクリックします。(手順③で1カ所のみにチェックをつけた場合は、これで作業完了です。Windowsを再起動させ、エラーが表示されないことを確認してください。)

セットアップ完了画面 閉じるをクリック

⑧ 手順③で2カ所にチェックをつけた場合は、続けて画面下に表示されたダウンロードの確認メッセージ内にある[実行]ボタンをクリックします。

ダウンロード確認メッセージ 実行をクリック

⑨ 手順⑤〜⑦と同じ操作を行います。

⑩ すべての画面を閉じて、Windowsを再起動します。再起動後エラーが表示されないことを確認します。



補足情報:

同エラーの場合、Windows Updateを実行することで改善する可能性もあります。




フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?




このページを共有する


関連FAQ:

Windows10 Creators Update(RS2)のアップデートを回避する方法

Windows10でWindows Updateに失敗する場合の改善方法

「次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する」とメッセージが表示されました



よくあるお問い合わせ
お問合せの多いPCの技術相談やトラブル解決方法です。

  • Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法
    通常の方法では削除できない「メール」や「フォト」などのWindows10標準アプリの削除方法です。削除する場合は、Windows PowerShellを利用します。
  • Windows10のOneDriveで同期に失敗する場合の対処方法
    Microsoft OneDriveでMicrosoftアカウントにサインインできなかったり、ファイルの同期時にエラーが発生する場合の対処方法です
  • スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまった場合の対処方法
    Windows10で、Microsoft Edgeのアイコンがスタート画面やすべてのアプリ、タスクバーから消えてしまった場合の対処方法です。


  • おすすめガジェット
    WindowsFAQがオススメするWindows10対応の周辺機器およびデスクトップガジェットです。

    © 2016 WindowsFAQ - team Windows 使い方サポート All Rights Reserved.  ご利用規約