Question

Question

大容量USBメモリが32GBとして認識されてしまいます HDDやUSBメモリを使って回復ドライブを作成したところ、32GBで認識されて残りの容量が消えてしまいました。

Question

Question

Diskpartコマンドで領域を削除してください

大容量の外付けハードディスクやUSBメモリを回復ドライブとして利用した場合、32GBのドライブとして領域が確保されてしまい、残りの領域(容量)がエクスプローラーやディスクの管理から認識されなくなります。すべての容量をWindows上で認識できるようにするためにはDiskpartコマンドで領域を初期化する必要があります。



下記の操作を行うと回復ドライブの領域を含めディスク上のデータは全て削除されます。必要に応じてバックアップを取ってください。誤操作防止のため、初期化したいドライブ以外の外付けHDDやUSBメモリー等はあらかじめ取り外してください。

① デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


② 表示されたメニューの中から[コマンドプロンプト(管理者)]をクリックします。


Creators Update以降の場合は、[WindowsPowerShell(管理者)]を選択してください。

スタートメニュー コマンドプロンプトをクリック

③ ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。


ユーザーアカウント制御 はいをクリック

④ コマンドプロンプト(またはPowerShell)の画面が表示されたら、下記のコマンドを入力して、Enter キーを押します。


diskpart


コマンドプロンプト画面 diskpartと入力

⑤ 下記のコマンドを入力して、Enter キーを押します。(listとdiskの間には半角スペースが入ります)


list disk


コマンドプロンプト画面 listdiskと入力

⑥ 表示されたディスクドライブの一覧の中から、初期化したいディスクの番号を確認し、下記のようにコマンドを入力してEnter キーを押します。


(例)初期化したいディスクの番号が1の場合:   (selectとdiskと数字それぞれの間には半角スペースが入ります)


select disk 1


コマンドプロンプト画面 select disk 1と入力

上図では例としてディスク1を選択しています。ディスク1を選択する場合は「select disk 1」と入力します。ディスク0は通常、内臓HDDまたはSSDを指します。

⑦ 「ディスク○が選択されました」と表示されたら、下記のコマンドを入力して、Enter キーを押します。


clean


コマンドプロンプト画面 cleanと入力

⑧ 「ディスクを正常にクリーンな状態にしました」とメッセージが表示されたら初期化の完了です。右上のX閉じるボタンでコマンドプロンプト(またはPowerShell)画面を閉じます。


コマンドプロンプト画面 閉じるボタンで閉じます

続けて『SETP2:ディスクの管理で領域を作成する』に進みます。