USBメモリが32GBと認識される HDDやUSBメモリを使って回復ドライブを作成すると、使用したドライブが32GBの領域のみしか認識できなくなることがあります。元の容量を回復するためにはディスク領域を初期化する必要があります。


大容量の外付けハードディスクやUSBメモリを回復ドライブとして利用した場合、32GBのドライブとして領域が確保されてしまい、残りの領域(容量)がエクスプローラーやディスクの管理から認識されなくなります。すべての容量をWindows上で認識できるようにするためにはDiskpartコマンドで領域を初期化する必要があります。

下記の操作を行うと回復ドライブの領域を含めディスク上のデータは全て削除されます。必要に応じてバックアップを取ってください。誤操作防止のため、初期化したいドライブ以外の外付けHDDやUSBメモリー等はあらかじめ取り外してください。

STEP1Discpartコマンドでディスク領域を消去する


デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中から[WindowsPowerShell(管理者)]をクリックします。

スタートメニュー

[WindowsPowerShell(管理者)]をクリックします。


ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

ユーザーアカウント制御

[はい]をクリックします。


「PowerShell(管理者)」の画面が表示されたら、下記のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

diskpart

コマンドプロンプト画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


続けて下記のコマンドを入力してEnter キーを押します。

list disk

コマンドプロンプト画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

listとdiskの間には半角スペースが入ります。

表示されたディスクドライブの一覧の中から、初期化したいディスクの番号を確認し、下記のようにコマンドを入力してEnter キーを押します。

(例)初期化したいディスクの番号が1の場合:

select disk 1

コマンドプロンプト画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

例ではディスク1を選択しています。ディスク1を選択する場合は「select disk 1」と入力します。ディスク0は通常、内臓HDDまたはSSDを指します。
selectとdiskと数字それぞれの間には半角スペースが入ります。


「ディスク○が選択されました」と表示されたら、下記のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

clean

コマンドプロンプト画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


「ディスクを正常にクリーンな状態にしました」とメッセージが表示されたら初期化完了です。画面右上にある閉じるボタンで画面を閉じます。続けてSETP2:ディスクの管理で領域を作成するに進みます。

コマンドプロンプト画面

画面を閉じます。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次