高速スタートアップを無効 Windows 10で高速スタートアップの機能を停止します。高速スタートアップ機能によりPCの起動時間は短縮されますが利用環境によっては動作が不安定になることもあります。PCの動作が安定しない場合は高速スタートアップを無効にしてください。


高速スタートアップを有効にすると、Windowsはシャットダウン時にシステムファイルの一部をハイバネーションファイルに保存します。これにより、次回起動時はこれらの保存されたファイルを使用して起動されるため、Windowsの起動が高速化されます。但し、利用環境によってはシャットダウンの動作が不安定になるなどの症状が発生することもことがあります。高速スタートアップにより動作が不安定になる場合は機能を無効にしてください。


キーボードの ボタンを押しながら、Rキーを押します。


ファイル名を指定して実行の画面が表示されたら「名前」の枠の中に下記のコマンドを入力して、[OK]ボタンをクリックします。

powercfg.cpl

ファイル名を指定して実行

コマンドを入力して[OK]をクリックします。


電源プランの選択またはカスタマイズの画面が表示されたら、画面左枠にある[電源ボタンの動作を選択する]をクリックします。

電源プラン画面

[電源ボタンの動作を選択する]をクリックします。


[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリックします。

電源プランの動作

[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリックします。


[高速スタートアップを有効にする]のチェックを外し、[変更の保存]ボタンをクリックします。

高速スタートアップ無効化

チェックを外して[変更の保存]をクリックします。


開いている画面を閉じて、パソコンを再起動します。

高速スタートアップはハイバネーションファイルを使用するため、「休止状態」の機能を停止した場合も無効になります。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次