高速スタートアップを無効にする

Windows 10で高速スタートアップの機能を停止するためにはどうしたらいいですか。

Windows設定 Anniversary Update Creators Update Fall Creators Update
最終更新日:2018/3/4

質問内容



原因:

高速スタートアップを有効にすると、Windowsはシャットダウン時にシステムファイルの一部をハイバネーションファイルに保存します。これにより、次回起動時はこれらの保存されたファイルを使用して起動します。この仕組みにより、Windowsの起動が高速化されますが、利用している環境によってはシャットダウンの動作が不安定になるなどの症状が発生することもこともあります。




無効にする方法は以下の通りです


① キーボードの ボタンを押しながら、Rキーを押します。

② ファイル名を指定して実行の画面が表示されたら、「名前」の枠の中に下記のコマンドを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

powercfg.cpl
ファイル名を指定して実行 powercfg.cplと入力

③ 電源プランの選択またはカスタマイズの画面が表示されたら、画面左枠にある[電源ボタンの動作を選択する]をクリックします。

電源プラン画面 電源ボタンの動作を選択するをクリック

④ [現在利用可能ではない設定を変更します]の文字をクリックします。

電源プラン画面 利用可能ではない設定を変更をクリック

⑤ [高速スタートアップを有効にする]のチェックを外し、[変更の保存]ボタンをクリックします。

電源プラン画面 チェックを外し変更の保存をクリック

⑥ 開いている画面を閉じて、パソコンを再起動します。



補足情報:

高速スタートアップはハイバネーションファイルを使用するため、「休止状態」の機能を停止した場合も、無効になります。




フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?




このページを共有する


関連FAQ:



よくあるお問い合わせ
お問合せの多いPCの技術相談やトラブル解決方法です。

  • Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法
    通常の方法では削除できない「メール」や「フォト」などのWindows10標準アプリの削除方法です。削除する場合は、Windows PowerShellを利用します。
  • Windows10のOneDriveで同期に失敗する場合の対処方法
    Microsoft OneDriveでMicrosoftアカウントにサインインできなかったり、ファイルの同期時にエラーが発生する場合の対処方法です
  • スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまった場合の対処方法
    Windows10で、Microsoft Edgeのアイコンがスタート画面やすべてのアプリ、タスクバーから消えてしまった場合の対処方法です。


  • おすすめガジェット
    WindowsFAQがオススメするWindows10対応の周辺機器およびデスクトップガジェットです。

    © 2016 WindowsFAQ - team Windows 使い方サポート All Rights Reserved.  ご利用規約