「バッテリー残量に影響する」と通知 画面の右下にアクションセンターから「バッテリー残量に影響する可能性のある設定が検出されました」または「バッテリー残量に影響する可能性のある1つ以上の設定が検出されました」と通知が表示される場合の対処方法です。


/#relation” id=”markdown-toc-getting-started”>関連情報

ディスプレイの明るさ設定やスリープ開始までの時間、バックグラウンドで動作(常駐)しているアプリケーションなど、バッテリー消費に影響のある設定が検出された場合、アクションセンターより「バッテリー残量に影響する可能性のある設定が検出されました」とトースト通知が表示されます。この通知を表示させたくない場合は、バッテリー消費に影響のある設定を変更するか、バッテリー残量に関する通知をオフにする必要があります。

STEP1バッテリーの通知を停止にする


デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。


表示されたメニューの中から 設定アイコンをクリックします。


「Windowsの設定」画面が表示されたら、[システム]をクリックします。

Windowsの設定

[システム]をクリックします。


メニューの中から[通知とアクション]をクリックします。

システム画面

[通知とアクション]をクリックします。


「これらの送信者からの通知を取得する」の項目にあるバッテリー節約機能を[オフ]にして設定完了です。バッテリー節約機能の項目が見つからない場合は、STEP2:レジストリーの値を変更するの手順で通知を無効にしてください。

バッテリーの通知を停止

バッテリー節約機能を[オフ]にします。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次