「バッテリー残量に影響する可能性のある設定が検出されました」と通知が表示されます

画面の右下にアクションセンターから「バッテリー残量に影響する可能性のある設定が検出されました」と通知が表示されます。

Windowsの設定 Windows10 Creators Update
最終更新日:2017/7/20

  「バッテリー残量に影響する可能性のある設定が検出されました」と通知が表示されます


画面の右下にアクションセンターから「バッテリー残量に影響する可能性のある設定が検出されました」または「バッテリー残量に影響する可能性のある1つ以上の設定が検出されました」とトースト通知が表示されます。このメッセージを表示させないようにするためにはどうしたらよいですか。

バッテリー残量の通知

原因:

ディスプレイの明るさ設定やスリープ開始までの時間、バックグラウンドで動作(常駐)しているアプリケーションなど、バッテリー消費に影響のある設定が検出された場合、アクションセンターより「バッテリー残量に影響する可能性のある設定が検出されました」とトースト通知が表示されます。この通知を表示させたくない場合は、バッテリー消費に影響のある設定を変更するか、バッテリー残量に関する通知をオフにする必要があります。



  バッテリー残量に関する通知をオフにしたい場合は、次の操作を行ってください。


① デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。

② 表示されたメニューの中から 設定アイコンをクリックします。

③ 「Windowsの設定」画面が表示されたら、[システム]をクリックします。

Windowsの設定 システムをクリック

④ メニューの中から[通知とアクション]をクリックします。

システム画面 通知とアクションをクリック

⑤ 「これらの送信者からの通知を取得する」の項目にある「バッテリー節約機能」を[オフ]にします。(バッテリー節約機能の項目が見つからない場合は、次の「レジストリーの値」を変更するの手順で通知を無効にしてください)

通知とアクション画面 バッテリー節約機能をオフにする

⑥ 操作は以上です。これでバッテリー節約機能に関する通知が無効になりました。

通知とアクションに「バッテリー節約機能」の項目がない場合は、レジストリーの値を変更することで通知を無効にすることができます。


① デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。

② 表示されたメニューの中から[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。

スタート右クリックメニュー powershellを選択

② 「ユーザーアカウント制御」の画面が出てきた場合は[はい]を選択します。

ユーザーアカウント制御 はいを選択

③ PowerShellの画面が起動したら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

reg add HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Notifications\Settings\Windows.SystemToast.BackgroundAccess /v Enabled /t REG_DWORD /d 0 /f
PowerShell画面 コマンドを入力してEnter

④ 「この操作を正しく終了しました」とメッセージが表示されたら成功です。すべての画面を閉じてパソコンを再起動してください。

補足:

バッテリー節約機能の通知に従ってバッテリー残量を抑えたい場合は、下記のそれぞれの項目を確認し、設定を変更するか、トラブルシューティングを実行してください。

【スリープ開始の時間を変更する】
[スタート]→[設定]→[電源とスリープ]を開き、「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする」を[なし]以外にします。

【画面の明るさを暗くする】
[スタート]→[設定]→[ディスプレイ]を開き、「明るさの変更」のすぐ下にあるつまみを左にスライドします。

【アプリによるバッテリー消費を抑える】
[スタート]→[設定]→[バッテリー]を開き、[アプリによるバッテリーの使用]と書かれた文字をクリックします。表示されたアプリの一覧からバッテリー消費率の高いアプリを停止または削除します。

【トラブルシューティングを実行する】
[スタート]→[設定]→[更新とセキュリティ]→[トラブルシューティング]を開きます。次に[電源]→[トラブルシューティングツールの実行]をクリックします。

関連FAQ

アクションセンターで「エクスペリエンスを続行するには…」と表示されます

Windows10で「安全な取り外し」の通知が出なくなった場合の対処法