Question

Question

Windows10のOneDriveで同期に失敗します OneDriveでMicrosoftアカウントにサインインできなかったり、ファイルの同期時にエラーが発生します。

Question

Question

次のトラブルシューティングを実行してください

OneDriveで同期エラーが発生する場合、OneDriveのソフトウェアトラブルやサーバー側の問題などさまざまな原因が考えられます。問題が発生したときは、OneDriveのリセットや、ソフトウェアの再インストールを実行してください。

STEP1 : ファイルのパス、容量を確認する

OneDriveには1ファイル当たりの容量制限などがあります。次の条件に当てはまるか確認してください。


・同期するファイルのサイズが15GB未満であること。
・ファイルのパスが400文字未満であること。

ヒント

15GBを超えるファイルを同期したい場合は、ファイルを分割または圧縮して15GB以内に収まるようにしてください。

STEP2 : サーバーの稼働状況を確認する

下記のリンクをクリックし「Office365 サービスの状態」を開きます。


Office365 サービスの状態

ページ左枠にあるOneDrive.comをクリックし、サービスの稼働状況を確認してください。「問題が発生しています」と表示されている場合は、しばらく時間を空けてからアクセス(同期)してください。


Office365サービス稼働状況確認ページ

STEP3 : Officeの同期機能を停止する

デスクトップ右下の通知領域にあるOneDriveのアイコンを右クリックします。


通知領域 OneDriveアイコンを右クリックします
ヒント

通知領域にOneDriveのアイコンが表示されていない場合は、 アイコンをクリックしてください。

ヒント

この機能を無効にすると、OneDrive上のOfficeファイルを複数名で同時編集したときに、他ユーザーの編集内容が反映されなくなります。

表示されたメニューの中の[設定]をクリックします。


OneDriveメニュー 設定をクリック

OneDriveの設定画面が表示されたら、[Office]タブをクリックします。


OneDrive設定画面 Officeタブをクリック

[Office2016を使用して、開いているOfficeファイルを同期する]のチェックを外し、[OK]ボタンで画面を閉じます。


Officeタブ画面 Officeファイルを同期するのチェックを外します

Windowsを再起動させ、OneDriveの同期が正常に完了するか確認します。
改善がない場合は、次ページの【STEP4:OneDriveのリセットを実行する】に進んでください。