Edgeのスタートページの天気の場所(地域)が異なる(1/2)

Microsoft Edgeでデフォルトで設定されているスタートページを開くと、右上に表示される天気が別の場所で表示されています。編集で「場所の指定」を選択して検索しても「該当するものが見つかりませんでした」と表示され、場所の変更もできません。

Edge Anniversary Update Creators Update
最終更新日:2017/11/14

質問内容



原因:

GPSを搭載していないPCの場合、インターネットの接続状況から現在地を取得しています。但し、この情報はおおまかな位置を示しており、正確な現在地ではないことがあります。その場合、天気カードの「編集」で場所の指定ができるようになっていますが、MSN側のページの問題により場所の検索をしても「該当するものが見つかりません」と表示され、場所の変更ができません。



次の手順で場所の変更を行ってください。(アカウントの種類により手順が異なります)


Microsoftアカウントを利用している場合

Microsoftアカウントを利用している場合は、MSN天気のページで場所を変更することができます。


① 天気のカードに表示されている[地域名]をクリックします。

Edgeスタートページ 地域名をクリック

② MSN天気のページに切り替わったらページ左上にある地域名の枠右端の▼をクリックします。

MSN天気のページ ▼をクリック

③ [市区町村/場所を検索]と書かれた入力枠の中に天気表示させたい「場所」を入力して[検索]ボタンをクリックします。

場所を検索メニュー 場所を入力後に検索をクリック

④ 入力枠のすぐ下に表示された検索結果の中から正しい場所を選択し、[この場所をホームに設定]をクリックします。(メニューが閉じた場合は、もう一度▼をクリックしてください)

場所を検索メニュー この場所をホームに設定をクリック

⑤ 設定は以上です。Edgeを再起動し、場所が変更されていることを確認してください。(変更されていない場合は、 Edgeのキャッシュを削除 してください)

Edgeスタートページ 変更されました

STEP2:ローカルアカウントの場合



フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?




このページを共有する


関連FAQ:

Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法

スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまった場合の対処方法



よくあるお問い合わせ
お問合せの多いPCの技術相談やトラブル解決方法です。

  • Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法
    通常の方法では削除できない「メール」や「フォト」などのWindows10標準アプリの削除方法です。削除する場合は、Windows PowerShellを利用します。
  • Windows10のOneDriveで同期に失敗する場合の対処方法
    Microsoft OneDriveでMicrosoftアカウントにサインインできなかったり、ファイルの同期時にエラーが発生する場合の対処方法です
  • スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまった場合の対処方法
    Windows10で、Microsoft Edgeのアイコンがスタート画面やすべてのアプリ、タスクバーから消えてしまった場合の対処方法です。


  • おすすめガジェット
    WindowsFAQがオススメするWindows10対応の周辺機器およびデスクトップガジェットです。

    © 2016 WindowsFAQ - team Windows 使い方サポート All Rights Reserved.  ご利用規約