Microsoft Edgeが起動できなくなりました(2/2)

Microsoft Edgeをクリックしても反応しない、またはエラーが出て起動できません。

Edge Anniversary Update Creators Update Fall Creators Update
最終更新日:2017/11/16

質問内容




STEP2:PowerShellを使って修復する

① デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。

② アプリの一覧の中から[Windows Power Shell]の中にある[Windows Power Shell]を右クリックします。

Creators Update以降の場合は、[スタート]ボタン右クリック→[WindowsPowerShell(管理者)]でも起動できます。
スタートメニュー PowerShellを右クリック

③ 表示されたメニューの中から、[その他]-[管理者として実行]をクリックします。

右クリックメニュー 管理者として実行をクリック

④ ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

ユーザーアカウント制御 はいをクリック

⑤ 「Windows PowerShell(管理者)」画面が表示されたら次のコマンドを入力してEnter キーを押します。(改行せずに続けて入力してください)

cmd /c ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.old
Powershell画面 コマンド入力後にEnter

⑥ 続けて次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。(改行せずに続けて入力してください)

Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml" -Verbose}
Powershell画面 コマンド入力後にEnterを押す

以上で操作完了です。スタートメニューのアプリ一覧にMicrosoft Edgeのアイコンが追加されていることを確認してください。(必要に応じてタスクバーやスタートメニューへピン留めしてください)


STEP1:Edgeを修復・リセットする


フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?




このページを共有する


関連FAQ:

Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法

Edgeのトップページが書き換えらえてEdgeの操作ができない場合の対処方法



よくあるお問い合わせ
お問合せの多いPCの技術相談やトラブル解決方法です。

  • Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法
    通常の方法では削除できない「メール」や「フォト」などのWindows10標準アプリの削除方法です。削除する場合は、Windows PowerShellを利用します。
  • Windows10のOneDriveで同期に失敗する場合の対処方法
    Microsoft OneDriveでMicrosoftアカウントにサインインできなかったり、ファイルの同期時にエラーが発生する場合の対処方法です
  • スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまった場合の対処方法
    Windows10で、Microsoft Edgeのアイコンがスタート画面やすべてのアプリ、タスクバーから消えてしまった場合の対処方法です。


  • おすすめガジェット
    WindowsFAQがオススメするWindows10対応の周辺機器およびデスクトップガジェットです。

    © 2016 WindowsFAQ - team Windows 使い方サポート All Rights Reserved.  ご利用規約