Edgeで閲覧したページの履歴やCookie、一時ファイルを削除する

Edgeで閲覧したページの履歴やCookie、一時ファイルなどのキャッシュを削除するためにはどうしたらよいですか。

Edge Anniversary Update Creators Update Fall Creators Update
最終更新日:2017/11/15

質問内容



原因:

Edgeで閲覧したページはキャッシュされ、次回、同じページを表示した際に素早く表示がされます。キャッシュされたファイルは削除することもできます。



Edgeの履歴、キャッシュ等の削除方法は以下の通りです。


① Microsoft Edgeの画面右上にあるマークをクリックします。

Edge画面上部 …をクリック

② 表示されたメニューの中から[設定]をクリックします。

Edgeメニュー 設定をクリック

③ [クリアするデータの選択]をクリックします。

設定メニュー クリアするデータの選択をクリック

④ 削除したい項目にチェックをつけ[クリア]をクリックします。(詳細表示をクリックすると位置情報やAdobe Flash再生の許可なども選択できます)

閲覧の履歴メニュー クリアを押す
ヒント:各項目それぞれの主な内容は次の通りです。チェックをつけてクリアすると選択した情報が削除されます。
  • 閲覧の履歴:Edgeで表示したホームページの履歴履歴です。
  • Cookieと保存済みのWebサイトデータ:ページ内で入力したユーザー情報やサイト訪問回数などを記憶します。
  • キャッシュされたデータとファイル:閲覧したページの画像など、キャッシュされたコンテンツファイルです。
  • 保存して閉じたタブや最近閉じたタブ:保存したタブ情報や最近閉じたタブの履歴です。
  • ダウンロードの履歴:ダウンロードしたファイルの履歴です。ダウンロード履歴はハブから確認できます。
  • フォームデータ:検索やWebページ内の入力フォームに入力した情報です。
  • パスワード:Webページログオン時に入力するパスワード情報です。
  • ⑤ 以上で操作は完了です。



    補足情報:

    [ブラウザーを閉じるときに、常にこれを消去する]をオンにすると、Edge終了時にチェックされている項目が自動削除されます。履歴等を常に残したくない場合は、この項目をオンにしてください。一時的に履歴等を残したくない場合は、InPrivateブラウズ機能を利用してください。




    フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?




    このページを共有する


    関連FAQ:

    Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法

    スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまった場合の対処方法



    よくあるお問い合わせ
    お問合せの多いPCの技術相談やトラブル解決方法です。

  • Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法
    通常の方法では削除できない「メール」や「フォト」などのWindows10標準アプリの削除方法です。削除する場合は、Windows PowerShellを利用します。
  • Windows10のOneDriveで同期に失敗する場合の対処方法
    Microsoft OneDriveでMicrosoftアカウントにサインインできなかったり、ファイルの同期時にエラーが発生する場合の対処方法です
  • スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまった場合の対処方法
    Windows10で、Microsoft Edgeのアイコンがスタート画面やすべてのアプリ、タスクバーから消えてしまった場合の対処方法です。


  • おすすめガジェット
    WindowsFAQがオススメするWindows10対応の周辺機器およびデスクトップガジェットです。

    © 2016 WindowsFAQ - team Windows 使い方サポート All Rights Reserved.  ご利用規約