Windows10で既存のメールアドレスを使ってMicrosoftアカウントを取得した場合の本人確認手順

Windows10でプロバイダーのメールや他のメールサービスのメールアドレスを使ってMicrosoftアカウントを取得した場合の本人確認の方法です。

アカウント Windows10 Anniversary Update Windows10 Creators Update
最終更新日:2017/8/25

  Windows10で既存のメールアドレスを使ってMicrosoftアカウントを取得した場合の本人確認手順


アクションセンターから「このPCでで本人確認を行ってください」と通知が表示されます。本人確認をするにはどうしたらよいですか。


原因:

Microsoftアカウントを取得した後は必ず本人確認を行いましょう。これにより、パスワードを忘れてしまったときに本人であることを証明することができます。パスワードやセキュリティ情報の変更には本人確認が必要です。



  次の手順でMicrosoftアカウントの本人確認を行ってください。


「@outlook.jp」でMicrosoftアカウントを取得している場合は、 Windows10でOutlook.jpでMicrosoftアカウントを取得した場合の本人確認手順 を参照してください。


① Microsoftアカウントとして登録したメールアドレス宛に「Microsoftアカウントチーム」からメールが届いていることを確認します。

③ 届いたメール本文中にある「(登録したメールアドレス)の確認」と書かれたリンクをクリックします。(画面はWindows10メールアプリです)

お使いのメールアドレス確認 メールアドレスの確認をクリック

③ Webブラウザーが起動し、「確認できました」と書かれたページが表示されたら本人確認の終了です。[OK]ボタンを押すとページが切り替わります。

確認できましたページ OKをクリック

補足:

メールが届かない、または誤って削除してしまった場合は、次の方法で本人確認のメールを再送することができます。

(手順)
① デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。
② 表示されたメニューの中から 設定アイコンをクリックします。
③ 「Windowsの設定」画面が表示されたら[アカウント]をクリックします。
④ [確認する]と書かれた文字をクリックします。
⑤ 「メールをご確認ください」画面が表示されたら、[メールを再送信してください]と書かれた文字をクリックします。
⑥ 以上で完了です。メールが届いていることを確認してください。


関連FAQ

Windows10起動時のパスワード入力を省略する方法(自動サインインの設定)

Windows10で自動サインイン時に表示される背景(サインイン画面)を変更する方法